2007年12月01日

防犯について考えよう!

防犯という言葉自体は、ずいぶん昔からありました。

防犯といのは、日本では、意識面での話であって、
いわば心がけのようなものでした。

防犯は、防犯意識を高めることによって、
地域の連帯意識も高まり、コミュニティづくりに寄与するという
のが防犯活動だったように思います。

私自身も夜回り当番に同行させてもらったり、
自転車等の交通安全活動に参加させてもらったり
と色々な防犯活動に参加させて頂いてきました。

地域に連帯感が生まれ地域で連帯することによって、
不審者が出没しづらい環境を作り出したり、
何かあった際に、迅速に対応出来る環境にすることで
犯罪の抑止力になると考えられています。

なので、このような活動が草の根的に各地域単位で行われてきました。

実際、これまでのこういった活動は有効でした。

しかし、現在はどうでしょう?

日本の治安に対する安全神話が崩壊し、
連日のようにテレビ等のマスメディアにて凶悪事件が報道されています。

一昔前の農村部に至っては、鍵を掛けている家というのは、殆どありませんでした。
「怪しい人が歩いていたらすぐに分かる」という環境でしたので、
鍵を掛けないというのが当たり前になっていました。

しかし現代、特に地方や農村部での凶悪事件が多いように感じます。

秋田においておきた、隣人による男児殺害事件も記憶に新しいところではないでしょうか。

日本は治安の良い国として、世界に知られているのは周知の通りです。
この点は、外国に対して大いに誇れる日本の素晴らしいところです。

これは警察の力もさることながら、
日本人の持つ “ マナーの良い ”という
国民性によるところが大きいのではないでしょうか。

ところが、現代では、こうした日本人のもつ特性が
年々薄まってきているように思います。
それに加え、日本人以外の外国人犯罪が日本国内で
多発するようになっています。

この現実は、誠に残念なことですがで仕方のない事実です。

今まで、防犯意識を持ち、防犯活動はしていたものの
こういった犯罪というものは、遠い世界の出来事のように思っていたので、
「不審者を見かけたらすぐに110番を」と教えられてきても
実際に不審者と遭遇することは、ないだろうと
高をくくって聞いていたものです。

しかし、現代は違います。

防犯というのは、実際にすぐ近くで起こりうる犯罪から我が身を守る為に、
必要な行動なのです。

一昔前まで、心がけだけで良かった防犯という言葉は、
いつしか言葉だけで済むようなものではなくなり、
防犯カメラ、防犯ガラスや防犯センサーなどといった
防犯グッズという実際のものとして形となって、
現われ、存在するようになってきました。

だからと言って、残念なこととばかり言ってはいられません。

現実に起きていることを事実として受け止め、
しっかりとその現実を踏まえた上で有効な防犯対策を施せば、
決して防犯というのは、難しいことではありません。

私たち一人一人が一般レベルでやれること、
もしくは、やる必要のあることを考えていきたいと思います。


posted by great at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
dummy dummy dummy
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。