2007年12月02日

様々な防犯対策について

防犯対策は、今や他人事でも、遠い世界の出来事でもなくなってきました。

防犯対策に関して、私達が生活する上で、どういったところにどういう防犯対策が必要になるのかについて考えてみましょう。

防犯対策には、それぞれのノウハウがあります。

では、防犯対策が必要となる場所について考えてみましょう。

まず思い浮かぶ場所は、家です。

家は、私たちの生命と財産を守る一番重要な場所と言っても過言ではないでしょう。

なので、何にもまして、自宅の防犯対策を最優先すべきです。

家に対して施す防犯対策には、強盗犯や窃盗犯が侵入して来れないようにすることで、
家族の生命や財産を守る目的があります。

この場合、敷地内や住宅内への侵入を水際で防ぐための防犯対策が必要になってきます。

また、仮に家の中に強盗犯や窃盗犯といった犯罪者が、侵入してきてしまったといった最悪の場合でも、
すぐに撃退や逮捕ができるような環境づくりや仕組みづくりも防犯対策として必要となってきます。

それから、マイカーを所有している人の場合は、マイカーの防犯対策も重要となってくることでしょう。

マイカーの防犯対策に関しては、車両そのものの窃盗と車上荒らしによる車内の金品をの窃盗が考えられますので、
そうならない為の防犯対策ということになります。

東南アジアや中国での車の需要が高まってきていることを受け、
近年では、特定の車種において車両の窃盗が急増しています。

このことから、車上荒らしに注意を払うだけではなく、
車両そのもののにも防犯対策の必要性が高まっています。

また、マイカーだけでなく、オートバイや自転車の窃盗も依然として、減少する気配がありませんので、
こちらの防犯対策も必要になってきます。

オートバイや自転車も海外での需要が高く、換金性が高こともあり、窃盗犯に狙われ易い対象になっています。

特に汎用性の高いミニバイクや排気量が大きいビッグスクーターなどが、
最も狙われやすいオートバイとして警戒が必要です。

それから、最近では、自転車に関しても輸入型の高級マウンテンバイクなどに人気が集まっていることもあって、
窃盗犯に狙われやすいということが指摘されています。

特に高級な自転車ともなると自転車の車両全体ではなく、
サドルやハンドルといった部品一つでも十分換金性が高いので、油断は禁物です。

また、自転車についての防犯対策では、ひったくりに対する対策も忘れてはならない防犯対策になります。

自転車の前かごにすぐ持っていけるような状態で荷物を置いたりするのは、
論外という時代になってしまっているので、注意しましょう。

ここまでは、主に金銭的な被害を防ぐための防犯対策に関して書いてみましたが、
ここ最近の治安事情を考えて、特に忘れてはならないのが、子供の安全対策です。

お子さんをお持ちの方なら、実際の問題として身近に感じていると思いますが、
子供を狙った犯罪が後を絶たない中、子供の通学時における防犯対策も欠かす事が出来ません。

子供の防犯対策で考えられるものには、キッズ携帯電話や防犯ブザーの携行などがあります。
posted by great at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70417098
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
dummy dummy dummy
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。